【画像生成AI】Stable Diffusion web UI(AUTOMATIC1111)のローカル環境へのインストールについて

AI

【画像生成AI】Stable Diffusion web UI(AUTOMATIC1111)のインストールについて、インストール手順を見てみたいと思います。よろしくお願いいたします。

 
目次

Stable Diffusion web UIについて

Stable Diffusion web UIは、ブラウザをインターフェイスとして、AIを使用して画像生成が行えるツールです。

公式HPはこちらです↓

GitHub

Stable Diffusion web UI. Contribute to AUTOMATIC1111/stable-…

ローカル環境へのインストールについて

Stable Diffusion web UI(AUTOMATIC1111)は、自分のパソコンに環境構築する、ローカル環境だと、無料で、自由に制限なく画像を生成可能なので、ローカル環境へのインストールをおすすめします。ここでは、ローカル環境でのインストールの手順を見て行きたいと思います。よろしくお願いいたします。

Windowsでの動作環境の確認について

Windowsでの動作環境は、下記となっています。

  1. OS:Windows 10または11(64Bit)
  2. メモリ:8GB(推奨:16GB以上)
  3. NVIDIA製のGPU:VRAM:4GB以上(推奨:12GB以上)

Windowsでの動作環境の確認方法は、Windowsキーを押して設定を開いたら、システムをクリックします。

ディスプレイの詳細設定ディスプレイのアダプターのプロパティを表示します。

③については、ctrl+Alt+Deleteキーでタスクマネージャーを開き、上の画像の様に、パフォーマンスタブから確認します。

③のNVIDIA製のGPUについては、Stable Diffusion web UIをインストールすると、自動で環境を設定してくれるようになりました。その為、入っていなくても事前にインストール不要です。

インストールの手順について

インストールの手順については、下記の手順となっており、順番に見て行きたいと思います。よろしくお願いいたします。

2023/06/05現在、AUTOMATIC1111Python 3.10.6を推奨しています。Stable Diffusion web uiAUTOMATIC1111をインストールする前に、Pythongitのインストールが必要になります。

  1. Python 3.10.6のインストール 
    Python.org

    The official home of the Python Programming Language…

  2. gitのインストール 

  3. モデルデータとVAEのダウンロード
  4. Stable Diffusion web UI(AUTOMATIC1111)の導入 
    GitHub

    Stable Diffusion web UI. Contribute to AUTOMATIC1111/stable-…

  5. 初回起動について
  6. 日本語化について

①Python 3.10.6のインストール

①下記のURLから、Python 3.10.6の公式ページへ行きます↓

Python.org

The official home of the Python Programming Language…

②ページの一番下に、Windows installer (64-bit)があるので、ダウンロードします。

③ダウンロードしたpython-3.10.6-amd64.exeをダブルクリックして、インストーラーを開きます。

④上の画像の下の方にある、Add Python 3.10 to PATHに必ずチェックを入れてから、Install Nowと書かれたインストールボタンを押して、インストールを開始します。

②git

①下記のURLのgitの公式HPへ行くと、上の画像の様に、ダウンロード画面が表示されているので、Click here to downloadと書かれているリンクを押して、ダウンロードします。

②ダウンロードしたGit-2.41.0-64-bit.exeをダブルクリックして実行します。

インストーラーを起動すると、そのまま何も変更せずに、Nextを押して進んで行ったのでOKです。

③モデルデータとVAEのダウンロード

Stable Diffusion web UIに入れる、モデルデータVAEのダウンロードをします。

モデルとは、既に学習済みのデータの事です。VAEとは、導入すると、画像生成のクオリティが上がります。

・参考までに、おすすめのモデルCounterfeit-V2.5を載せておきます↓

We’re on a journey to advance and democratize artificial int…

・最新版のCounterfeit-V3.0も載せておきます↓

We’re on a journey to advance and democratize artificial int…

少しバージョンで画風が異なるので、お好きな方で。

ここでは、このモデルを使用する設定で、モデルとVAEの導入手順を見てみたいと思います。よろしくお願いいたします。

①まず、Counterfeit-V3.0のページから、Files and VersionsタブのCounterfeit-V3.0_fp16.safetensorsのダウンロードボタンを押して、モデルをダウンロードします。

VAEはV2.5と同じで、下記からダウンロードします↓

We’re on a journey to advance and democratize artificial int…

モデルVAEを、Stable Diffusion web UIのフォルダ内の下記の場所へ入れます。

  • モデルの場所:webui\models\Stable-diffusion
  • VAEの場所:webui\models\VAE

これでモデルを入れる手順は終了で、後ほど、Stable Diffusion web UIを起動したら、使用可能になっています。

④Stable Diffusion web UI(AUTOMATIC1111)

Stable Diffusion web UI(AUTOMATIC1111)の公式ページです↓

GitHub

Stable Diffusion web UI. Contribute to AUTOMATIC1111/stable-…

Stable Diffusion web UI(AUTOMATIC1111)を導入する手順を見てみたいと思います。よろしくお願いいたします。

1.コマンドプロンプトを使う方法2.Git Bashを使う方法の2つがあります。

1.コマンドプロンプトを使う方法

①今開いているフォルダで、コマンドプロンプトを使う。

コマンドプロンプトを使いたいフォルダをエクスプローラで開き、アドレスバーにcmdと入力して、Enterキーを押す。

②コマンドプロンプトを開いたら、AUTOMATIC1111の公式ページの手順に書いてある、下記コマンドをコピーして、貼り付けて、Enterキーを押す。

git clone https://github.com/AUTOMATIC1111/stable-diffusion-webui.git

2.Git Bashを使う方法

①ダウンロードしたいフォルダを右クリックして、Git Bash Hereをクリックします。

②Gitが起動したら、下記のコードを貼り付けます。

git clone https://github.com/AUTOMATIC1111/stable-diffusion-webui.git

⑤初回起動について

stable-diffusion-webuiフォルダ内のwebui-user.batをダブルクリックして、実行します。しばらく時間が掛かります。

ブラウザからhttp://127.0.0.1:7860へアクセスすると、画像生成画面が表示されます。

⑥日本語化について

①⑥と同じ手順で、起動します。

②上の画像の様に、Extensions(拡張機能)タブをクリック後、Available(拡張機能リスト)タブへ移動します。

Load from:(読込)をクリックします。

localization(言語)のみチェックを外します。

⑤上記画像の下にある、検索結果の中から、ja_JP Localization localizationを探して、Installボタンを押します。

Settings(設定)タブを選択します。Localization (requires restart)(言語ファイル)の中から、ja_JPを選択します。Apply settings(設定を適用)ボタンを押します。

⑦⑥の初回起動と同じ手順で、WebUIのプロンプトを再起動後、URLから、WebUI画面を開きます。

これで使用する事が出来るようになります。

⑧プロンプト(呪文)をプロンプトメーカーで作成して、AI画像の生成

プロンプト(呪文)とは、生成したい画像の設定を、パラメータとして単語を羅列し、命令文を作成したものです。

プロンプト(呪文)プロンプトメーカーで作成します。また、画像として生成したくないNGワードネガティブプロンプトとして、別に作成します。

えいあーと AIart

『30秒で手軽に最強Prompt』 プロメーカー! <使い方> 1. 7つの項目を簡単クリック 2. 完成したPromp…

えいあーと AIart

NPでさらにクオリティーをアップ! → Novel AI → HolaraAI → Pixai.art → TrinAr…

↑こちらのサイト様は、ネガティブプロンプトのメーカーもございました。

実際に画像を作ってみて、服装や髪形など、もう少し画像を変えたいなという場合は、インターネットに呪文の作り方などが出ているので、呪文を追加して行くと良いかと思います。

プロンプトは、下の画像のGenerateボタンの左にある、横長の欄へコピー→貼り付けます。ネガティブプロンプトは、そのすぐ下の欄です。プロンプトを両方貼り付けたら、Generateボタンを押します。

 

AI画像を生成してみての感想

AI画像を生成してみての感想ですが、思った通りの画像を作るには、まだまだ練習が必要だなと思いました。グラフィックボードも、もっといいのが必要かも。ギリギリの状態で今回は作りました。

プロンプトネガティブプロンプト呪文の作成が大事でした。何回か作り直して、試行錯誤しました。

また、Stable Diffusion web UIの他の設定の部分も、もっと見て行く必要があります。モデルVAE、呪文についても、他にもあるので調べてみたいと思います。今後この辺りは記事にしていきたいと思います。

お読みいただきありがとうございました。よろしくお願いいたします。

 
最新情報をチェックしよう!
>YouTubeチャンネル「黒猫のゲームチャンネル」

YouTubeチャンネル「黒猫のゲームチャンネル」

ゲームの攻略や実況プレイを行っております。PS4とNintendoSwitchが中心です。 よろしければ、チャンネル登録、よろしくお願いいたします(´▽`*)

CTR IMG